泣くも笑うも

育児系雑記ブログ。時々、管理栄養士。

端午の節句と柏餅、ちまきの関係




こんにちは、味醂です。

5月5日はこどもの日!

端午の節句ですね!


端午の節句とは

五節句のひとつ。

「菖蒲」と「尚武」をかけて男の子のための節句とされたようです。

男の子の健やかな成長を祝う節句です。

現代では男女問わず「こどもの日」としてお祝いされることも増えてきました。

そんなこどもの日には“柏餅”や“ちまき”を食べる習わしがあります。


どんな言われがあるのか知っていますか?



柏餅

柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、 「子供が産まれるまで親は死なない」即ち「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」は「子孫繁栄」につながります。

端午の節句菓子 和菓子 柏餅 | 季節和菓子 | 商品紹介|村中甘泉堂

当時は武家社会ですので、家系が途絶えないことは重要だったのでしょう。

柏の葉は新芽が出ないと古い葉が落ちないとは知りませんでした。



しかし、私たちがイメージする柏餅の葉っぱはなんと柏の葉ではないらしいんです。

いわゆる柏の木というのはカノテガシワと言って細長い葉をしているそうです。

それでは柏餅の葉っぱは何?


槲の木の葉っぱです。

なんて読むって?

カシワだよ。

まさかのカシワ違い!



地域によってはまた他の葉を使っているところもあるようです。


ちまき(粽)

日本でちまきと言えば和菓子ですが、中国ではお米や筍などを葉で包み蒸したものですよね。


屈原(くつげん)という人が亡くなったのが5月5日。

ちまきを川に投げ入れて屈原のお供え物にしたという話があるそうです。

その風習が病気や災厄を除ける行事として中国から伝わってきたようです。



ちまきを食べる習慣は関西が中心。

関東の方は知らない方もいるかもしれませんね。




健康増進

5月は「毒月」と呼ばれることもあります。

急に暑くなるため、病気になったり亡くなる方が多かったようです。

厄除けや毒除けのために菖蒲やヨモギを飾ったり、薬用酒などで健康増進を祈願するようになったということです。

まとめ

端午の節句は健康を祈願するための行事です。

子どもが健やかに育ちますように。

大人も健康的な生活が送れますように。

今日、健康でいられることをお祝いしましょう。


それでは、また。



参考記事

端午の節句とチマキの関係


それでは、また。



▼ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ

▶︎Twitter:味醂@tie_mirin_
▶︎Facebook
▶︎ほしいものリスト
▶︎お問い合わせ