泣くも笑うも

育児系雑記ブログ。時々、管理栄養士。

食育ってなに?子どもも大人も生涯食育





こんにちは、味醂です。

少しずつメジャーな言葉になってきた「食育」ですが、まだまだ何をやるものなのかわからないという人も多いのではないでしょうか。



食育で身につけること

  • 食べ物を大事にする感謝の心
  • 好き嫌いしないで栄養バランスよく食べること
  • 食事の重要性や心身の健康
  • 食事のマナーなどの社会性
  • 安全や品質など食品を選択する能力
  • 地域の産物や歴史など食文化の理解

食育って何?:文部科学省

文部科学省のサイトにはこのような記載があります。

6月は食育月間、毎月19日は食育の日です(^^)
6月19日に重点を置かれることが多いです。

子どもにとっての食育

子どもの頃の食生活が大人になってからも影響するため、食育の重点は子どもに当てられています。

学校等で指導しやすいというのもあります。

  • 食に興味を持とう
  • 好き嫌いをなくそう
  • どうやって作られているのか知ろう
  • 食べられることに感謝しよう
  • 料理をしてみよう
  • 食事のマナーを学ぼう

このあたりがメインになると思います。

何と言っても食に興味を持ってもらうことが大事です。

食べることで身体にどんな影響を与えるのか。

どこでどのように作られるのか。

興味を持つことで食べる意欲や食への興味関心へとつながっていきます。

大人にとっての食育

大人になると関心が高まるのが生活習慣病などの身体の不調です。

  • 健康的な食事
  • 食事と運動の関係
  • 身体の代謝
  • お酒との付き合い方
  • ダイエット
  • 外食
  • ひとり暮らし
  • 食べ物の選び方
  • 食べ物の調達方法
  • 衛生管理

病気を気にして「塩分は控えめに!」「糖質制限!」なんてやりますよね。

その勉強こそ食育です。

正しい知識を身につけましょう。

見切り発車で間違った方法を選んでしまうと逆に危険になる場合もあります。

不安な場合は病院等で管理栄養士の栄養相談を受けると良いと思います。


無理なダイエットによって体調を崩してしまうこともあります。

また、社会人になり外食が増えたりひとり暮らしだからコンビニで済ましていたり。

外食、中食との上手な付き合い方も考えていく必要があります。

高齢者の食育

高齢になるとどうしても病気との関わりを考えなくてはいけません。

  • 持病との付き合い方
  • 味付け
  • 身体の代謝
  • 噛む力(咀嚼力)
  • 飲み込む力(嚥下食)
  • 自分の歯を守る

噛む力や飲み込む力が弱ってくると普通の食事は難しくなります。

ペースト状にしたりとろみをつけたりします。

間違って肺に入ってしまうと誤嚥性肺炎などを引き起こしてしまうこともあるので注意しなければいけません。


味覚が鈍くなるので濃い味を求めがち。塩気の多いものが好きになり方が多いです。

血圧が高いと「塩分制限」を言い渡させると思います。

塩分を控えたら味がしないのでは?調理の工夫で薄味でも濃く感じる方法もあります。


このようなことを考え、学ぶのが高齢者の食育となります。


まとめ

食育って子どものものでしょ?と思っていた方がいるかもしれませんが、生涯学んでいくものです。

そのときに合った食生活を送れるように、その都度見直していかなければいけないもの。



なによりも大切なのは食事をたのしむことです!



私自身も食生活が乱れているので改善したいです(^^;)


それでは、また。



▼ランキングに参加しています
ブログランキング・にほんブログ村へ

▶︎Twitter:味醂@tie_mirin_
▶︎Facebook
▶︎ほしいものリスト
▶︎お問い合わせ