泣くも笑うも:育児系雑記ブログ

ずぼら管理栄養士。子育て奮闘中の主婦のブログ。

【出産レポ】妊娠・出産と医療保険の話




こんにちは、味醂です。

元気な人でも妊娠・出産に関しては想定外なことが起きる場合があります。

妊娠を考えている方、妊娠したけど医療保険になにも入っていないという方がいたら一度検討してみてはいかがでしょうか。

3年前の娘の出産時のことも今更ながら書いていきたいと思います。

医療保険の重要性

普段はなにも問題なく健康で病院に行くこともない。治療費なんてかからない。保険にお世話になることなんて滅多にない。

そんな方でもなにが起こるかわからないのが妊娠・出産

出産を経験した方やドラマ『コウノドリ』を観ている方は想像がしやすいかもしれません。

いつ命の危険と隣り合わせになるかわかりません。


保険の掛け金もったいない…


そう思う気持ちもわかります。

でも、何かあってからでは保険に加入することはできません。

〔スポンサーリンク〕



妊娠発覚後でも加入できる?

保険によって様々です。

私が加入しているコープ共済(生協の保険)では妊娠発覚後でも加入できますが、もちろん条件があります。


悪阻や貧血、切迫早産、妊娠糖尿病など、妊娠にかかわる症状で保険適用の処置を受けていないこと5年以内に帝王切開を経験していないこと等の質問がありました。(2017年11月現在)

帝王切開に関しては、条件が厳しくなりますが場合によっては加入できることもあるようです。

コープ共済ははっきり言って加入条件がゆるいので入りやすいです。

妊娠してからでは入れない保険もたくさんあります。



コープ共済に限らず、気になる保険があれば一度資料請求してみてください。

出来るだけ妊娠前に。

妊娠発覚後であれば悪阻などの症状が出る前に。


もし切迫流産で入院した場合、帝王切開になった場合、保険適用されます!

入院日数に応じて保険金が受け取れるかもしれません。


長女の出産時の話

私は結婚するときに実母から「安い保険でもいいから何かひとつ医療保険に入っておきなさい」と念を押されていました。

そこで加入したのがコープ共済〈たすけあい〉V1000円コース

掛け金は月々1000円。



結婚してすぐに妊娠しました。

経過は順調でした。

逆子であること以外は。

〔スポンサーリンク〕



逆子が治らない

妊娠8ヶ月の頃、逆子体操をするように言われますがまったく治る気配がありません。

「この子はその位置が居心地いいんだね」

そして、帝王切開で産むことになりました。


帝王切開は出産予定日の1週間前。

陣痛が来てしまっては意味がないのでそれよりもはやく実行しなければいけません。

娘はおなかのなかで少し小さめだったため、ギリギリまで待ちたいということでこの日程で決めました。

予定帝王切開まであと1週間

帝王切開の手術日の1週間前、夜中にトイレに行きたくなり起きると寒気がして眠れませんでした。

このとき12月。

気温のせいかな?と暖房とこたつで温まり、眠れないので録画していたテレビを見たり雑誌を読んだりしていました。


なんだかお腹が張るな〜。これが前駆ってやつかな〜。一応測ってみるか。

15分…7分…10分…15分…

バラバラだし陣痛じゃないな、なんて余裕こいていた1時間後。

7分…8分…7分…

あれ?陣痛かも?

旦那を起こしてとりあえず病院に電話しました。


「5分間隔になったらまた電話してください。初産よね?まだ数時間はそのままだと思うから」


初産では陣痛が始まってから産まれるまで10時間くらいかかることも多いと聞いていたのでまぁそんなもんだろうと。


その1時間後、突然の3分間隔。


あの…逆子なんですけど…こんなに陣痛進んでいいんですか…?(泣)



病院に到着した10分後、足から出てきた赤ちゃん。

それが娘です。

おなかを切らずにすみました。


陣痛が始まってから3時間弱でした。


結果的に私の感覚としては陣痛って大したことないな!これなら何人でも産めそう!ってくらい超ラクな安産でした。

しかし逆子の経膣分娩はうまく出てこれなかった場合はとても危険な状態になります。

『正常な分娩』では保険適用されない

特別な処置もなく経膣分娩の場合、保険は適用されません。すべて実費です。

私の場合は『逆子の経膣分娩』でしたので一部保険の対象になりました。

退院後、コープ共済に連絡し保険金(入院日数×2000円)を受け取ることができました。

帝王切開でも同様の金額が受け取れる予定でした。


逆子だったため緊急帝王切開になる可能性も大いにありました。

幸いうまく赤ちゃんが出てこれたので経膣分娩になりましたが、もし足が引っかかっていたら大手術になっていたかもしれません。

赤ちゃんを元気に産み、そして自分も無事であること。それが優先されると思います。

そんなときに手術代や入院費の心配をしたくはないですよね…

2人目妊娠で保険のコースを見直した

以前加入していたのは〈たすけあい〉V1000円コースでした。

同じ〈たすけあい〉のL2000円コースに変更しました。


Lはレディース。女性専用の保険です。

女性特有の病気にも対応してもらえます。


掛け金が上がったので、そのぶん保障内容も上がります。と言っても安いプランですが。


次回の出産、なにもないことを祈ります…。

おわりに

普段は存在すら忘れている保険のことですが、妊娠時は確認しておいたほうがいいなと思いました。

もし切迫流産で入院したら、緊急帝王切開になったら。

これは予想できるものではないので心のお守りとして保険があると心強いです。

保険を使わずに済むことがいちばんですが、保険がおりたら助かるのも事実です。

何かあってからでは遅いので。


今回は私が加入しているのでコープ共済の名前を出しましたが県民共済でもJA共済でもなんちゃら生命でも、なんでもいいです。
それぞれに合ったものがあると思うので。


妊娠を考えている方、妊娠したけど医療保険に入っていない方、この機会に医療保険を見直しておくのをおすすめします。


それでは、また。