腹が減っては育児はできぬ

育児系雑記ブログ。ハラヘリ育児。泣くも笑うも怒るも、それが私。

今さら聞けない?節分と行事食の話



こんにちは、味醂です。

もうすぐ節分ですね!

小さいお子さんがいるご家庭は豆まきを楽しみにされているのではないでしょうか。

今さら聞けない、知ってるようで知らない節分と行事食の話をまとめました。

〔スポンサーリンク〕


節分とは

節分は本来「季節を分ける時期」という意味で1年に4回あります。

現在は節分といえば立春の前日

“立春の前日”というよりも“2月3日”と日付で覚えている方も多いと思います。


季節を分ける時期は体調を崩しやすいとされています。

節分といえば鬼

邪気や厄の象徴とされる鬼。

昔はおそろしいことは鬼の仕業とされていました。


豆まき

節分のときに撒く“炒った豆”のことを「福豆」と呼びます。

炒った豆を使うのは、生豆を使って拾い忘れたものから芽が出ると再び悪鬼が芽を出してやってくるので良くないといわれているから

節分とは 厄除け!厄除け!厄払い

「魔目(まめ)を鬼(邪気)の目に投げつけて滅ぼすこと」を魔滅(まめ)というようです。

語呂合わせですね!


邪気を払い福を呼び込むため「福豆」と呼ばれます。

“歳の数プラス1個”食べる意味

今まで生きてきた年数
そして、これからの1年間

節分を乗り越えて元気に新しい1年を過ごせるように願掛けした数字です。

豆類の誤嚥に注意

乾燥したかたい豆類は誤嚥に気をつけなければいけません。

乾燥大豆はそのまま飲み込んでしまって喉に詰まったり、細かくなった粉が気管や肺に入りやすいと言われています。

子どもに食べさせる場合には十分に注意してください。

3歳未満のお子さんには食べさせないほうが無難です。

袋ごと、殻ごと

乾燥大豆を室内で投げると片付けが大変ですよね。

小さいお子さんが回収し損ねた豆を拾って食べてしまうかもしれない…

そんな不安もあると思います。

小さめの袋に小分けにされたものを購入し、袋ごと投げるのがおすすめです。

落花生であれば殻付きのものを投げれば回収しやすいです。

たまごボーロ

乾燥大豆や落花生が食べられない子にはたまごボーロがおすすめ。

踏みつけるとお母さんたちが叫びたくなるほど粉々になると思いますので袋のまま投げましょうね!

卵アレルギーがある場合は別のもので代用しましょう。

ちょっと早いけど雛あられも売り始めている時期なのでそれを使うのもいいと思います。


または、新聞紙を丸めたものやお手玉などを代用品として使うのもいいですね。食べられないけどね!

〔スポンサーリンク〕


恵方巻き(えほうまき)

関西を中心とした風習です。

コンビニエンスストアが「恵方巻」として大々的に売り出したのをきっかけに全国に広まりました。

巻き寿司を使うのは「福を巻き込む」から。
丸かじりするのは「縁を切らないため」と言われています。

なぜ黙って食べるのか

恵方に向かって一本丸ごと一気に食べることによって商売繁盛、無病息災の運をいただくという考えがあるからです。

途中で休憩したりしゃべってしまうと運を逃すとも言われています。

2018年の方角

2018年は南南東です。

歳徳神様のいらっしゃる方向を向いて食べます。

歳徳神様のいらっしゃる方向の調べ方はこちらのサイトがわかりやすかったので参考にしてください。

七福巻

恵方巻き売り場に行くと「七福巻」と書かれていることが多いと思います。

七福神にちなんで7種類の具材を巻いたもので縁起が良いとされています。

他にも海鮮巻、海老フライ巻などいろんな種類が売られていると思いますのでお好きなものをどうぞ(^^)

噛み切りやすくしよう

小さい子どもは太巻きは食べにくいので細巻き程度がいいですね!

自分で作る場合、海苔が噛み切りやすくなるようにフォークで穴をあけるなど工夫すると良いと思います。

おにぎりなどにも使える便利アイテムも活用しましょう。

時代は変わる?恵方巻き

最近は海苔巻き(太巻き、細巻き)だけでなくロールケーキなども「恵方巻き」として売られています。

子どもでも食べやすいもので手軽に楽しみたい場合にはそちらを選択するのも良いと思います。

柊鰯(ひいらぎいわし)

魔除けにはにおいの強いものを使用します。

節分で使用される魔除けは鰯(いわし)です。

尖ったものも魔除けに効果があるとされており、それが柊(ひいらぎ)です。

これらが鬼の弱点とされていたそうです。

食べるの?飾るの?

イワシに柊を刺して玄関先に飾ったりします。

地域によってイワシ丸ごと、頭だけ、尾だけなど様々。飾らずに食べるところもあるようです。

特にこれといった風習がわからない場合はご飯のおかずにしちゃいましょう(笑)


おわりに

子どもと一緒にたのしみたい節分。

行事食に乗っかってしまえば献立を考えるのも楽です(^^)

ぜひご家族の福を祈って節分行事を取り入れてみてくださいね。


それでは、また。