ハラヘリ育児

腹が減っては育児はできぬ

【MFICU】切迫流産で周産期母子医療センターに入院しました


こんにちは、味醂です。

タイトルの通り、入院しております。

妊婦検診に通っていた病院から周産期母子医療センターがある別の病院へ転送となりました。

それほどギリギリの状態だったということですね…

まだ産むわけにはいかない週数なので、1日でもながくお腹にいてもらわなくては。゚(゚´ω`゚)゚。

切迫流産と診断されました

これまでの一番大きな病気は?と聞かれればインフルエンザくらいなものでした。

そんな私も妊娠出産に関しては太刀打ちできません。

今回の妊娠では早い段階で張りどめが処方されるなどどうなるやらとは思っていたのですが、やっぱり入院になりました。


ネット情報では子宮頸管が30〜35mmくらいで切迫流産・切迫早産と診断されるようです。
このとき私は10mmしかなく…

緊急で子宮頸管をしばる手術をし、MFICU(母体胎児集中治療室)で安静にしています。


MFICUでの生活

緊急手術に部屋代に……
長期入院になる可能性も高い……

入院費が莫大になりそうなときは医療費の限度額の申請を必ずしておきましょうね!!!

保険が効くはずなので、医療保険に加入している方はそちらの確認も忘れずに。



一般病棟へ移動できるのがいつ頃なのかまだわからないのですが、MFICUは確実に手厚いと思います。

数時間おきに体温や胎児の心音を測りにきてくれます。

氷枕なども頻繁に交換してくれたり、ホットタオルを用意してくれたりと至れり尽くせり。


安静度の高い妊婦さんがほとんど

トイレ、数日に一度のシャワー以外はベッド上安静の方ばかりです。

私も入院初日はトイレに立つことも出来ず、ベッドに貼り付けられていました(´・ω・`)

食事以外は座ることも控えるように言われ、ただただ天井を見つめている日々…

文章を読むのも苦痛で時々ツイッターを開くのが精一杯(それでもツイッターはやるのかよw)

テレビはあるのですが10分ほど見るだけでも気持ち悪くなってしまい、本当に退屈で退屈で(´・ω・`)

最近は少し見れるようになってきたのでアニメやEテレを見てます。刺激が強い番組は疲れちゃって(><)
Eテレの安心感すごい。

明日なにが起こるかわからない

普段はゆったりと時間がすぎている印象です。
機械のアラーム音が鳴り響くこともほとんどありません。


そうは言っても治療が必要な妊婦さんがいる病棟なので、ドラマ『コウノドリ』のような展開も時々あります。

急にバタバタと慌ただしくなるときがあります。

先日も緊急帝王切開で1000gに満たない赤ちゃんが生まれたようです。

なかにはかなしい思いをしたママさんもいるのかもしれません。


明日は我が身。
とにかく安静にするしかない。



上の子に会えない問題

集中治療室と同じように面会に制限があります。

入室できるのは家族だけ。
子どもは入れません。

よって、経産婦さんは上の子に会えないという事態に…!


私がいる病院には面会用の談話室があり、状態が安定していればそちらを利用して子どもに会うことができます。
と言っても頻繁にはダメなので週1程度、時間も30分と制限付き。

ま、会ったら会ったでさみしくなるんだけど( ;∀;)


旦那と義親が娘の世話をしてくれています

今回ばかりは本気で同居ありがたいと思いました。

娘もがんばっています。
私もがんばらねば。


まとめ

薬の副作用で手が震えてしまい字を書くことも味噌汁のお椀を持つこともままならなかったのですが、現在はだいぶ自由が効くようになりました。
薬に慣れてきたのかな。

必要以上に起き上がらないようにベッド上で生活しています。

退院の目処は立っていません/(^o^)\


そんなこんなですが、私もおなかの子も今のところ大丈夫です。

心配なことはたくさんあります。
でも、不安感よりもここにいれば救ってもらえるのではという期待感のほうが大きいです^ ^


なんとか無事にその日を迎えられますように。

それでは、また。