ハラヘリ育児

腹が減っては育児はできぬ

【心療内科】初診はなにをするの?子連れでも大丈夫?


こんにちは、味醂です。

心療内科の初診ではどんなことをするんだろう、と思っていたのでまとめました。

子連れでも大丈夫でしたので、ストレスに悩んでるお父さんお母さんも安心して通院してみてください(^^)

心療内科での初診の流れ

WEBで初診予約をし、診察を受けに行きました。




問診票の記入

まずは問診票ですが、これが多いのなんの…裏表で数枚ありました。

自覚症状や悩みを記入するだけでなく性格診断テストのようなものもあります。

質問に対して

  • あてはまる
  • ややあてはまる
  • ややあてはまらない
  • あてはまらない

を選んでいく感じのものです。

木の絵を描いてくださいってのもありました。
心理テストのようなものと思ってもらえれば、と言われました。


問診票書くだけで結構な時間がかかります。

カウンセリング

まずは家族構成や仕事の内容などを聞かれました。

そして何が不安なのか、ストレスなのか。

悩みを聞き出してメモ書きしていました。


自立支援医療

精神科や心療内科に通う人は医療費が安くなる制度があります。

私の住む市の場合は3割負担→1割負担になります。

  • 診断書が必要(有料)
  • 指定の病院、調剤薬局でしか使えない
  • 1年ごとに申請が必要(役所)


途中で病院を変えることはできません。

また、申請前に遡って返金してもらうことができないので長く通うことになりそうならば早めに申請しておくほうがよいと思います。

こんな制度あるなんて知らなかった…!

私はカウンセリングの際にこの制度について説明を受けました。

病院によっては説明されないこともあるようです。知らないと損する制度がたくさんありますね…


私はそれほど長く通うつもりもなかったので申請しませんでした。


守秘義務

家族であっても情報を開示することはないということで安心です。

家庭内のストレスも吐き出してしまおう

これ言ったらまずいかな…と悩む必要はありません。



家族に付き添ってもらっている患者さんも多くいました。ひとりが不安なときは、悩みを共有したい人に付き添ってもらうのもいいと思います。

私は娘に同伴してもらいました(預け先がないだけ)


また、院内では番号札で呼ばれます。

自分の名前が他の患者さんの前で叫ばれることもありません。

診察

ここからが医師の診察です。

診察と言っても問診がほとんどです。

先ほどのカウンセリングでのメモをもとに話をしていきます。

このとき、医師の他にパソコン入力をする人が同室していました。


私の場合は不眠症になったきっかけや原因が自分でもはっきりわかっているため、心のケアというよりも生活のリズムを戻すために薬の処方をしてもらいました。

心の不安の原因がはっきりしない場合にはなかなかうまく進まないのかもしれません。


場合によっては血液検査などもあるようです。

所要時間

待ち時間もすべて含めて1時間でした。


2回目以降は問診票などがないので短くなります。私の場合は30分もかからないくらいでした。


子どもを連れていっても大丈夫か

私は子連れでの診察でしたが嫌な顔をされることはありませんでした。

小さい子どもと一緒に通っている人を何人も見かけました。親子のどちらが患者なのかまでは判断できませんが…。


子どもの発達障害などに力を入れている心療内科も多い!


待合室にはキッズスペースも完備されていました。

しかし、ここは心療内科。

大きな音に敏感になっている人もいると思うのでできる限り静かにさせるようには気をつけていました。


そして終診した

約2ヶ月間通い、薬がなくても寝れる日が増えてきたので現在は治療を終了しました。

まだまだ完全とはいきませんが、2ヶ月前よりはずっと楽です。


自分は次の予約を取っておいたほうが安心するタイプか。
それとも次の予約があるとまた通わなきゃ、まだ治ってないとモヤモヤするタイプか。

私は予約はとらず、これで終診ということにしてもらいました。


手元にすこし睡眠薬は残っています。

これを使い切ってもまだ薬がほしい場合にはまた通院を再開するかもしれません。


おわりに

私もほんのすこしカウンセリングの授業を受けたことがあるので、はぁ〜なるほどなぁ〜なんて思いながら診察を受けていました。


子どもの定期健診にも心療内科医が来て話聞いてくれればいいのにな…



初診以降の診察も医師によるカウンセリングが中心です。

症状の変化や薬の効き具合などを確認していきます。


ストレスや不安があるなら一度、話を聞いてもらいに行ってみるのもいいと思います。

それでは、また。