ハラヘリ育児

腹が減っては育児はできぬ

出産育児一時金の差額を申請する方法【国保の場合】


こんにちは、味醂です。

出産育児一時金。
出産経験のある方は馴染みのある制度だと思います。

差額分の払い戻しを申請したのでまとめました。

出産育児一時金とは

出産時に健康保険からひとりにつき42万円が補助される制度です。
(双子の場合は2倍、三つ子なら3倍)

妊娠週数が22週に達していないなどの産科医療補償制度対象出産ではない場合は40万4千円となります。

そのほかにもいくつかの条件があります。

『直接支払制度』を利用すれば、退院時には42万円を差し引いた金額を支払えばよいのです。


娘の出産時は42万円を超えたので不足分を退院時に支払いました。

二度目の出産はその金額に達していません。
そのため、差額分の払い戻しを申請することができます。

元気に産まれても、死産でも、どちらも出産にはかわりないので出産育児一時金を利用できます


申請の仕方

ネットでちらっと調べたところ「健康保険の組合から通知が届く」との情報を見かけたのですが届く気配がありませんでした。

その通知が届く前でも必要書類さえ持っていけばOKとのことだったので、自分で申請することにしました。

出産後2年が経過すると申請できなくなります!お早めに!

私は国民健康保険なので、役所が管轄になります。


企業の組合等の保険証の場合、申請先は健康保険組合になります。

自分の保険証を発行してるところに申請します。それぞれの組合に確認してください。

国民健康保険の場合

市役所の保険証の発行などをおこなっている部署で申請します。

書類を1枚記入するだけでした。

とーっても簡単!


申請に必要なもの

  • 健康保険証
  • 出産時の領収書
  • 医療費の明細
  • 直接支払制度の証明書
  • 振込先がわかるもの(通帳など)

印鑑が必要なこともあるそうですが、私は使いませんでした。

領収書は『0円』と記入されているので、明細がある場合は持っていったほうが良いかと思います。

直接支払制度の証明書はいらないかもしれません。(念のためコピーさせて、と言われた)


組合などの場合はこれに加え、出生(または死産)の証明ができる母子手帳などが求められることもあるようです。


振込時期

申請をしてから1ヶ月程度で振り込まれました!

振り込まれるすこし前に通知が届きましたよ^ ^

おわりに

通常の出産の場合、42万円を超えることのほうが多いと思います。

出産費用の安い病院、処置が少なかった場合、またはなんらかの処置で保険適用となった場合などは42万円未満となることがあります。

私のような短期間入院の場合も42万円に収まるでしょう。


もらえるものはありがたくもらっておこう

せっかくもらえるお金。

忘れないように申請しましょう。

出生届を提出するときにいっしょに申請しちゃうのがベストですね!


それでは、また。