ハラヘリ育児

腹が減っては育児はできぬ

【初期流産】妊娠8週目になっても胎嚢が確認できなかった私の話

こんにちは、味醂です。

実はすこし前に妊娠していました。

しかし、残念な結果に。


今回は3度目の妊娠、初期流産をしたときの話をまとめました。


不安にさせてしまう可能性があるので妊婦さんは読まないほうがいいかもしれません。

初期流産と確定するまで

検査薬の反応が薄かった

生理が1週間遅れたので妊娠検査薬を使用しました。

そのときの線が薄かった。

薄いけど線は見えていたので数日後、妊娠の確認のため初診の予約をしました。

初診(妊娠5週目)で胎嚢は確認できず

エコーをしましたが見えませんでした。

「5週なら見えないこともあるからまた来週きて」

そして1週間後、再び診察に。

それでもやっぱり胎嚢は見えませんでした。

子宮外妊娠の可能性

胎嚢が見えない理由として

  1. 排卵が遅れていた(正常妊娠)
  2. 着床したものの育っていない(初期流産)
  3. 子宮外妊娠

の説明を受けました。

子宮外妊娠だった場合、母体の危険があるので卵管摘出などの手術をしなければいけません。


だらだら出血が続いたり、腹痛がある場合にはすぐに連絡をするように言われました。

血液検査でホルモン値を測定

妊娠検査は血液検査でもできます。

hCGというホルモン値を測定します。

妊娠していない人は2以下、妊娠していればこれが50…1000…2000とぐーんと増えていきます。

血液検査を推定6週のときにした結果が60、推定7週のときが100でした。

これはどちらも妊娠4週頃の数値で成長がストップしていると考えるのが妥当だと言われました。


ホルモンが出ているのでつわり症状はある

微量とはいえ妊娠していないときの30〜50倍のホルモン量です。

からだの不調は当然出てきます。

眠気とだるさ、不快感がありました。


初期流産が確定してからのこと

成長がストップしているということはいわゆる流産です。

  • 自然に流れるのを待つ
  • 手術で掻き出す

どちらでもいいよ、と言われました。


自然に任せる場合は、子宮内の内膜が流れる(出血がおこる)ということ。

きれいに全部出し切れなかったときには後日手術となります。



すぐに手術をすることを選んだ場合は子宮内のものを掻き出す中絶手術となるわけで、からだへの負担はあります。

何日も待つのがいやならすぐにやりましょうということでした。

胎児のもととなる部分が身体から出ればホルモン値も下がるのでつわり症状もおさまるということでした。

生理のような出血があった

この時、正常妊娠なら8週目頃です。

待つか、手術をするかと説明を受けたときにはすでに少し出血が始まっていました。

ですのでそのまま待つことに。

それから1週間くらいかけて子宮内のものが流れ出ていきました。


するとスッと気分もよくなったんです。

眠気や不快感がなくなりました。

血液検査

出血後、血液検査をもう一度行いました。

子宮内にまだホルモンを出させる原因となるものが残っていないかの検査です。

これでホルモン値が下がっていればおしまい、もしまだホルモンが出ているようであれば処置が必要ということでした。


私はこれで終了^ ^


初期流産と後期流産、両方を経験した私が思うこと

順調と思われていた流産よりは気持ちが楽だった

おなかが大きくなり胎動を感じ、性別もわかっていて「順調です」と言われて。

そこで突然おなかの中からいなくなったあのとき。


それと比べると初診の時点から「おやおや?」という反応を見せていた今回の妊娠は正直ダメージは少なかったです。

やっぱりね、という感じです。

流産はかなしいけど一度も“正常妊娠”と言われていないんですから、心のどこかで覚悟をしていました。

正常妊娠が確定していないから毎回保険が適用されてました

ほかの人の苦しみと比べるものではない

週数が少ないからとか初めてだからとか、そういったことで苦しみやかなしみを比べるのはおかしいと思います。

あの人よりマシだよ、私のほうがかなしい、そんなこと比べちゃいけない。


ここに書いていることはあくまで私の場合だということ。


私の気持ちと、ほかの人の気持ちが同じとは思えませんから。



私はきっとみんなが思っているよりもヘラヘラしてます。

前回も今回も旦那のまえで散々泣きました。

強がってるだけなんです。


おわりに

2度の流産を経験したにもかかわらず、まだ子どもが欲しいと思っている私がいます。

懲りないやつですね(笑)


「若いんだからはやく2人目つくりなよ」と言ってくるクソババア他人もいますが放っておくしかないです。

私は20代。
世間的にはまだまだ産める年齢です。

でも無事に生まれる保証はないですからね。



妊娠中の読者のみなさんが無事に出産を迎えられますように。


それでは、また。