みりろぐ

take it easy :)

消費税10%スタート!食玩は軽減税率の対象なの?

こんにちは、味醂です。

令和元年10月から消費税が10%に引き上げられました。

なにやらわかりにくい制度も始まりましたね。
そう、軽減税率です。

食品や飲料などが軽減税率の対象となっていて、消費税8%据え置きだというのです。

線引きがむずかしくお店側も大変そう…


そこで今回注目したいのはお菓子コーナーに売ってる“食玩”です。

食玩は軽減税率?

room.rakuten.co.jp

食玩、いわゆるおもちゃ付きのお菓子ですね。

しかしどっちが主役なの?というような商品も多いのが現実。

テレビアニメのグッズにガムが1つついてるとか。

チョコレートにキャラクターのシールが1枚入ってるとか。

  • 食品なら軽減税率で8%
  • おもちゃなら消費税10%

が適用されます。


食品とおもちゃの線引きはどこ?

おもちゃ付きのお菓子やティーカップ付きの紅茶など食品と食品以外の商品が一体となって売られているものは、

  • 税抜き価格が1万円以下であること
  • 食品の価格が占める割合が3分の2以上であること

この2点に当てはまると軽減税率の対象となります。

参考:国税庁「軽減税率制度」


食玩はほとんどが数百円なので価格の条件はクリアしていますね。

しかし、食品とおもちゃの価格の割合は様々。


キャラクターのグッズの場合はその使用料や価値としておもちゃ代のほうに重点が置かれている場合も多いことでしょう。

ですので、ほとんどの場合で食玩は消費税10%と思っていたほうがよさそうです。

レジに持って行って8%だったらラッキーくらいな感じでいましょう(´・ω・`)


おわりに

お菓子コーナーに置いてあるんだから食品でしょ!と言いたい気持ちはわかりますが、国税庁がきちんとリーフレットを作成しています。

価格の割合は各メーカーに問い合わせるしかないですね(教えてくれるかはわかりませんが)

毎月のように新製品が出るのでメーカーも頭を悩ませていそうですね(⌒-⌒; )

消費者である私たちは「食玩は10%だろう」と思っておきましょう…

それでは、また。